熊谷・津和野 組

kumagai&tsuwano.jpg

アガリスク的には新メンバー同士でありながら、俳優としての共演回数・歴の多い、息の合ったコンビ!
≪左から≫
熊谷有芳(クマガイユカ) 詳しくはこちら
1987年3月30日生まれ。身長166㎝。俳優
2016年1月に入ったアガリスクエンターテイメント新メンバー。『時をかける稽古場』や『紅白旗合戦』の印象からコメディっぽい印象がないかもしれないが、実は学生時代からカカフカカ企画で鍛えられたコント経験者!

津和野諒(ツワノリョウ) 詳しくはこちら
1988年5月13日生まれ。身長177㎝。俳優/デザイナー
2016年1月に入ったアガリスクエンターテイメント新メンバー。数多くの演劇作品でコメディリリーフを任されることが多いだけでなく、自身でもコントを書いており、過去にはコント公演の脚本・演出経験あり

■インタビュー■
各チームのメンバーに、自分達のチーム、そして敵チームについてインタビューしてみました!
①自分達の売り・特徴・見どころなど
熊谷:特徴と言うのかわからないけど、ある意味いつものお芝居と変わらない感じ。つわのあの感じはあのままだし、わたしに似合う役をつわが書いてくれた。とにかく津和野くんとはやりやすいです。
津和野:アガリスクっぽさみたいなことは特に意識せずに作ったので、ファンの方々がコントレックスで観てきたような「これだよこれ」的なものは多分全然ないと思うんですけど、むしろそこらへんワクワクしてもらえたら嬉しいです。


②他のチームの出方の予想・出演者の分析など
≪甲田・塩原組について≫
熊谷:甲田くんは普段とは違うものが見れるんじゃないですか。オマエそんな一面あったのか、ってなりそう。なりたい。塩原さんはなんか生き生きしてそう。
津和野:野球のコントとゲームのコントをやるって言ってたので、多分やると思います。塩原さんの狂気がどこまで顕現してるのか楽しみです。

≪淺越・鹿島・沈組について≫
熊谷:なんだかんだで抜け出せないアガリスクイズムの強いものを作ってきそう。アガリスクイズムってなんだかわからないけど。冨坂イズムとでも言うか。でも、逆に冨坂さんの台本や演出で不満なところとかを解消もしてそう。あと揉めてそう。
津和野:外様には負けねえって言ってたらしいので、多分そんな感じだと思います。三人組ならではのジェットストリームアタックを期待してます。


③意気込み
熊谷:新メンバー2人ってのは不利かな?と思ったりもしましたが、逆に先輩方に挑戦って感じでこちらは自由に大きく出れるなあと思います。のびのびとネタ作り・ネタ合わせできました。コンビネーションの良さなら負けないです。アガリスクエンターテイメントひっくり返したい。
津和野:ベッキーの分まで頑張ります。